こめよう、未来を 米百俵デジタルコンテスト2022

NEWS

おしらせ

  • 2022年12月9日

    1次審査を終了し、2次審査に進む14作品を決定しました
    1次審査の結果・審査員の全体講評はこちら

  • 2022年11月1日

    募集を締め切りました。応募総数:131作品
    今年度も全国からたくさんのご応募をいただきありがとうございます。1次審査の結果を11月中に応募者のみなさまにメールで送信いたします。しばらくお待ちください。

いま暮らしているのは、昔の人が描いた未来だ。
有史以来、ご先祖たちは工夫をこらして、
平和で、便利で、豊かな生活をめざしてきた。

アイデアと努力で、改善していく。これはヒトの本能であり
また、この行為こそが私たちを豊かにしてくれる。
長岡の米百俵の歴史も、次の世代の豊かさへの投資こそが
いまの社会をよりよくするという信念があった。

「米100DC」は若い世代が、小学生の課題を解決するような
アイデアをだしあうコンテスト。
ユニーク、パワフル、やさしい、奇抜。どんなアイデアでもいい。
ここから未来の発明家がきっとうまれるはずだ。

OUTLINE

募集概要

1 募集内容

子どもの遊び、学び、暮らしを豊かにするデジタルプロダクトのアイデア

以下の2つの区分から募集します。
① スマートフォン・タブレットなどで動作するアプリ
② IoTデバイス

  • 応募者自らが作成した未発表のアイデアに限ります。
  • アプリ、IoTデバイスはプロトタイプや作動するものがなくてもかまいません。アイデアだけで応募できます。

2 募集期間

2022年9月1日(木)11時00分〜11月1日(火)17時00分

3 ヒント

課題発見、作品づくりの参考となるように、長岡市の小学生が想像する「こんなひみつ道具があったらいいな」のアイデア全263件のデータを提供します。
以下より閲覧、ダウンロードしてください。

  • 長岡市の小学生のアイデアは2022年7月に募集しました。
  • 応募にあたって小学生のアイデアを必ず取り上げる必要はありません。
  • CSV/XLSX形式のファイルはZIPでまとめてダウンロードされます。PCまたはiPhone iOS 13以降で利用してください。

4 応募資格

創造性を持ち、デジタル領域に関心のある若者
(1998年4月2日〜2010年4月1日生まれの者)

  • 居住地、職業(学生、社会人)を問いません。
  • 個人またはグループ(最大5人)。
  • グループの場合、全員が上記の年齢を満たす必要があります。

5 審査

表彰

  • グランプリ(1作品) Grand Prize 賞金30万円
  • 表現賞(1作品) Expression Prize 賞金8万円
  • 技術賞(1作品) Tech Prize 賞金8万円
  • 持続可能性賞(1作品) Sustainability Prize 賞金8万円
  • 中・高校生賞(1作品) Junior High and High School Students Prize 賞金8万円
  • 長岡市長賞(1作品) The Nagaoka Mayor’s Prize 賞金8万円

グランプリ受賞者にトロフィー、受賞者全員に賞状と新潟産米などの副賞を授与します。

  • 特別賞は他の賞と重複して選ばれることがあります。
  • 中・高校生賞は高校生以下の応募者を対象に選ばれます(グループの場合は全員が高校生以下であること)

1次審査

すべての応募作品の中から、審査員が以下の基準で審査した総合得点上位の作品が1次審査を通過します。1次審査通過作品には、約1ヶ月間の作品ブラッシュアップ期間が与えられ、審査員からのフィードバックを参考にして作品名、説明文、動画を作り直して再提出することができます。

・ 子どもたちの遊び、学び、暮らしを楽しくする
・ 表現力に光るものがある
・ 技術的に光るものがある
・ サービスとして光るものがある

2次審査

ブラッシュアップされた1次審査通過作品の中から、長岡市の小学生・審査員・特別審査員が選びます。長岡市内の小学生がWeb投票を行い、グランプリを決定します。特別賞として審査員が選ぶ表現賞、技術賞、持続可能性賞と、長岡公務員・情報ビジネス専門学校が選ぶ中・高校生賞、長岡市長が選ぶ長岡市長賞を各決定します。

審査員 (敬称略・順不同)

市原 えつこ

メディアアーティスト

早稲田大学文化構想学部表象メディア論系卒業。日本的な文化・習慣・信仰を独自の観点で読み解き、テクノロジーを用いて新しい切り口を示す作品を制作する。家庭用ロボットに死者の痕跡を宿らせ49日間共生できる作品《デジタルシャーマン・プロジェクト》で、第20回文化庁メディア芸術祭優秀賞、2018年アルス・エレクトロニカ栄誉賞を受賞。2025年日本国際博覧会(大阪・関西万博)日本館基本構想事業クリエイター。
市原 えつこ

高瀬 章充

Socialups株式会社 代表取締役社長

久留米工業高等専門学校卒業後、筑波大学理工学群へ編入学。2011年大学院在学中にアプリ分析サービスを提供するフラー株式会社を共同創業。2015年株式会社空(現ハルモニア株式会社)創業、その後株式会社カカクコムを経て、2018年よりつくば市にてスタートアップ戦略策定に従事。2021年Socialups株式会社創業、新潟県南魚沼市や熊本県熊本市のスタートアップエコシステム拠点形成に取り組む。
高瀬 章充

改田 哲也

風の企画事務所 代表
長岡技術科学大学 アイデア開発道場 道場長

トヨタ自動車株式会社にて企業価値創造室、マーケティング開発部、商品企画部などに従事し、“ことづくり”“ひとづくり”を含めた企業価値づくりを推進。「TEDx東京2009」「TEDx札幌2013」にスピーカーとして登壇。2012年風の企画事務所設立、コンサルタントとして活動しながら、2015年より長岡技術科学大学 大学院にて技術科学イノベーション専攻教授を兼務し大学事業の次世代化に取り組んでいる。
改田 哲也

特別審査員 (敬称略・順不同)

長岡公務員・情報ビジネス専門学校

長岡駅近くにキャンパスを構えるビジネス総合専門学校。1981年開校以来、公務員、ビジネス、IT情報処理、CGデザインの各業界に延べ6500名以上の卒業生を輩出。現在8学科14コースを展開し、中越・上越エリア出身の学生を中心に、新潟市、県外からの学生も学んでいる。通常授業に加え、オンラインでの円滑なコミュニケーション技法や教材のデジタル化など、各分野におけるICT教育を推進中。
長岡公務員・情報ビジネス専門学校

磯田達伸

長岡市長

1951年長岡市生まれ。明治大学政治経済学部卒業後、長岡市役所入庁。2011年地域政策監、2012年副市長を経て、2016年長岡市長に就任。現在2期目。 市政のあらゆる分野に新たな発想や先進技術を取り入れ、市民生活の向上と産業の活性化を実現する「長岡版イノベーション」を展開。「米百俵の精神」が息づく長岡において、人材育成と未来への投資に取り組み、若者が失敗を恐れず、チャレンジできる環境づくりに力を入れている。
磯田達伸

6 応募方法

※募集を締め切りました(11/1)

募集要項をよく読み、オンラインで応募してください。
応募には、「作品名」「説明文」「動画」等が必要です。

SCHEDULE

スケジュール

Q&A

よくある質問

スマホで応募できますか?
応募できます。
iPhoneで撮影・編集した動画(MOV形式)、androidで撮影・編集した動画(MP4形式)のどちらでも応募を受け付けています。
パソコンからも、もちろん応募できます。
応募に必要な「動画」の編集に自信がありません。
動画であれば、編集技術は問いません。
スマホアプリで編集してももちろんOKです。内容も、音声だけのもの、文字だけのもの、絵を撮影したもの、自撮りで説明するものなど、自由な発想であなたのアイデアの魅力を伝えてください。アスペクト比の規定は横16:縦9ですので、スマホの場合は横にして撮影してください!
メール、郵送、持ち込みでの作品応募はできますか?
できません。
応募は 専用WEBフォーム から行ってください。
海外からも応募できますか?
応募できます。
ただし、作品応募は全て日本語で行ってください。審査はすべて日本語で行います。
事務局からのメールが届きません。
迷惑メールに分類されてしまうことがあります。
応募ID発行、作品応募の際に事務局から自動送信されるメールが届かない場合は、迷惑メールフォルダなどの確認をお願いします。
作品応募時に画面がフリーズします。
ご使用の通信速度が足りない可能性があります。
通信環境を変えても応募がうまくできない場合は、応募締切時間までに 事務局までメール でお問合せください。締切後のお問合せには対応できませんのでご注意ください。

ARCHIVE

過去の結果